年中無休・24時間受付・お見積り無料

コラム

トイレ

アパートのトイレがつまり少しずつしか流れない時の対処法をご紹介します

アパートに住んでいて、ある日トイレを使った後に流した水が少しずつしか流れないというトラブルが起きることがあります。

トイレがつまってしまうと、最悪の場合は階下の住民や共有スペースに大きな被害を及ぼしてしまうかもしれないので、早急に対応することが大事です。

ここでは、アパートのトイレがつまった時の原因や放置してしまうとどうなるかをご紹介した上で、自分でできる対処法をご紹介します。

トイレの水が少しずつ流れるときの原因は?

  • トイレがつまり、水が少しずつ流れるという現象が起きているときの原因についてご紹介します。

    つまりが起き始めているかも
    トイレの水が少しずつしか流れない、というときは何かが排水溝や排水管につまっている可能性があります。

    トイレットペーパーを大量に使い、一度に流そうとしたり、固形物をうっかり落として流してしまったりすると、つまりの原因になるでしょう。

    タンクからの水量を確認しよう
    タンクから流れてくる水量が足りないと、本来は流れるはずのトイレットペーパーや便が流きらずにつまってしまう場合もあります。

    節水の意識で「小」しか使わないという人もいるかもしれませんが、本来「小」は紙を使わない男性が使ったとき用です。トイレットペーパーを使った場合は「大」を使い、適切に排水しましょう。

    トイレタンクにペットボトルなどを入れて節水対策をしている場合も同様に、水量が足りなくなることがあります。過度の節水対策は控えたほうがよいでしょう。

放置してもいいの?

  • トイレの水が少しずつしか流れないとき、放置していてもいいのでしょうか?

    放置してもいい場合
    水に溶けるトイレットペーパーや便などがつまっている場合は、しばらく放置していると水に溶けてつまりが解消するかもしれません。

    2時間から3時間ほど様子を見て、正常に排水されていれば問題なく使用できるでしょう。しかしそれ以上待っても少ししか水が流れない現象が直らない場合は、対処が必要です。

    放置するとダメな場合
    ティッシュペーパーやタバコの吸い殻などは紙製ですが、水に溶けません。このようなものが排水管に詰まると放置していてもつまりは解消しないでしょう。

    また、ヘアピンやプラスチックのゴミなどをうっかり落としてしまい「まあいいか」と回収しないと、同様にいつまで経っても排水管の中で引っかかってつまりや汚れを溜め込む原因になってしまいます。水に溶けないものをトイレに落とした場合は、必ず回収しましょう。

いつまでも放置すると

  • トイレがつまり始めているのに放置を続けるとどうなるのかをご紹介します。

    完全につまってしまう
    トイレの排水溝や排水管がつまりかけている状態で使い続けると、さらにトイレットペーパーや便などが堆積しつまりが悪化します。やがて排水口や排水管を完全に塞ぎ、排水されなくなってしまうでしょう。

    汚水が逆流し便器からあふれる
    トイレが完全につまってしまうと、汚水が排水される場所がないため逆流し、便器から汚水があふれてくる可能性があります。

    トイレの床や壁を汚水で汚してしまいますし、電源コンセントがあれば漏電の可能性もあり大変危険です。雑菌を多く含む汚水に触れると、それが原因で病気になることもあります。汚水が逆流してしまうほどつまってしまう前に、つまりを解消させましょう。

    床を水浸しにし、隣や階下に水漏れ被害が及ぶかも
    水の勢いによってはトイレだけではなく、家の廊下や壁、家財道具も濡らしてしまうかもしれません。

    アパートの場合は床に浸水し、最悪の場合は隣や下の階に住む人に被害を及ぼす可能性があります。損害賠償を請求されるおそれもあり、退去を余儀なくされるケースも考えられます。

トイレつまりを解消する方法

  • トイレのつまり解消は自分でできる方法があります。水道業者に依頼する前に、ここで紹介する方法を試してみましょう。

    水に溶けるものがつまっている場合
    水に溶けるものがつまっている場合は、ぬるま湯を流してみると一気につまりが解消するかもしれません。水でもOKですが、ぬるま湯を使ったほうがより効果が期待できます。

    できるだけ便器内の水を汲み出すなどして無くし、少し高い位置から排水溝をめがけて一気にぬるま湯を流し込みます。勢いよく流すことでつまりを効果的に取り除くことができるでしょう。

    また、重曹とお酢を使った方法もおすすめです。アルカリ性の重曹と酸性のお酢を混ぜることで炭酸ガスの泡が発生し、つまりや汚れを落とす効果が期待できます。

    排水口に重曹、お酢の順番で注ぎ入れ、お湯を流しましょう。炭酸ガスの泡が発生するので30分から1時間程度放置し、排水してつまりが解消しているかどうかを確認します。

    水に溶けないものがつまっている場合
    固形物など水に溶けないものがつまっている場合は、ゴム手袋をして排水口に手を入れ、固形物をつかめないか試してみましょう。目に見えない状態でも、意外と手が届く位置に残っていることも多いです。

    また、ラバーカップを使い圧力をかけて引っ張ることで、つまっていた固形物が排水口付近まで移動してくる場合もあります。何度か試してみて回収できないか試してみるのもよいでしょう。

どうしてもつまりが直らない場合は

  • 自分でできるつまり解消法を試しても直らない場合に、どうすればよいかをご紹介します。

    大家さんに相談しよう
    アパートに住んでいてどうしても自分で解消できないトラブルが起きたときは、大家さんに連絡して相談してみるのがよいでしょう。

    状況によっては大家さんが無料で対応してくれるケースや、大家さんがよく知っている業者さんを呼んでくれるケースもあります。

    修理業者を探そう
    大家さんとの相談の上、自分で修理業者に依頼する場合は、複数の修理業者に見積もりを依頼しましょう。24時間365日いつでも相談でき、見積もりまでは無料という業者も多いので安心です。

    複数の見積もり内容を比較することで、費用の相場や作業内容が想定内かどうかなど確認できますし、安い業者に依頼することもできます。

まとめ

  • アパートでトイレがつまり始めると慌ててしまい「放置していたら直るかも」と対応せずにしばらく使用し続けるかもしれません。

    放置すれば直るケースもありますが、多くの場合は何か対処しないといつまでもつまりが解消されず、最悪はトイレの汚水が逆流したり下の階に被害を及ぼしたりする可能性もあります。そうならないようにまずは自分でできる簡単なつまり解消法から試してみましょう。

    それでもつまりが解消しない場合は大家さんに相談し、水道業者に依頼するなど適切な対応を行いましょう。

    集合住宅のトラブルは早急に対処しないと周囲の住民に迷惑をかけてしまう可能性があるので、できるだけ早めに対処し安心して生活できるようにしてください。